カナダ生活お役立ち情報

Useful Information and Bookmarks

カナダで生活する際のお役立ち情報を掲載しています。
バスの乗り方や電話のかけ方、チップの支払い方法など生活習慣や文化が日本と異なる点は、最初はとまどう事が多いかと思います。だからこそ、海外での生活は毎日が新鮮でかけがえのないものになるのも事実。
このページを参考に、毎日を楽しく過ごしてください!

お金の種類

カナダの小銭

名称通称発音
1セント Penny ペニー
5セント Nickel ニッケル
10セント Dime ダイム
25セント Quarter クウォーター
1ドル Loonie ルーニー
2ドル Toonie トゥーニー

カナダドルには、5セント・10セント・25セント・1ドル・2ドルの5種類のコインと(写真参照)、5ドル・10ドル・20ドル・50ドル・100ドル・500ドル・1000ドルの7種類の紙幣があります。ただし、500ドル・1000ドル紙幣は一般的ではなく、普段の生活で見かけることはあまりありません。また6種類のコインにはそれぞれ通称があります。日本と違ってカナダには両替機があまりありません。バスに乗る時や、公衆電話を使う時、路上のパーキングメーターを利用する時など小銭は重宝するので常に持ち歩きましょう。100セント=1ドルですので、例えばquarter(25¢)4枚で1ドルということになります。

電話の使い方

公衆電話

公衆電話は、ビクトリア市内の場合50セントで時間制限はありません。使える硬貨は、5セント、10セント、25セントです。50セント分の硬貨を電話機に入れ、ダイヤルします。バンクーバーなど遠距離に電話をかける場合は、電話番号の前に(1)を付けます。市外電話の場合、電話を掛ける地域によって料金は違ってきますので、多めにコインを用意しておくことをお勧めします。また、遠距離電話をする場合はテレフォンカードを使うととても便利です。テレフォンカードを使う場合も、初めに50セント分のコインが必要です。(通話終了後に戻ってきます)

テレフォンカード

テレフォンカードは、国際コーリングカードと呼ばれる物で、遠距離や国際電話を掛ける時などに便利です。5ドル・10ドル・20ドルの種類があり、プリペイドカードのように初めにお金を払ってカードを購入します。テレフォンカードは自宅の電話や公衆電話から使え、遠距離電話の場合テレフォンカードを使う方が安いです。

テレフォンカードの使い方
  1. カードに記載されているビクトリアの番号をダイヤルします
  2. アナウンスの言語の種類を選びます(『1』=英語、日本語はありません)
  3. 銀色の部分を削り、出てきたPINナンバーを入力します
  4. カードの残高がアナウンスされた後、電話番号を押します ※011(国際電話番号)+81(日本の国番号)+始めの『0』を取った電話番号
※ビクトリア以外への市外電話(カナダ国内)をかける時は、PINナンバー入力後、市外局番の前に『1』をつけてダイヤルします。(例:バンクーバーにかける時は『1+604+電話番号』)
※カードの種類によっては、コネクション・フィーがかかるのもあるので、購入の際にはご注意下さい。
※Can Go Centreでは、コネクション・フィーのかからないコーリングカードの販売をしておりますので、是非ご利用ください。

ホームステイ先の電話

ホームステイ先の電話を使う時は、ステイ先のルールに従って使わせてもらいましょう。また、遠距離電話を掛ける時は必ず国際コーリングカードを使いましょう。

飲酒・喫煙について

日本に比べると、カナダは飲酒・喫煙に関してかなり厳しい国です。ライセンスを受けたレストランやパブ以外での公共の場所での飲酒は禁止されていますし、そういった場所に酒類があるだけでも罰せられますので、例えばドライブ中にも同乗者といえども飲酒は厳禁です。また、屋外での飲酒も基本的に禁止されていますので、通りはもちろん、海岸や公園でも飲んではいけません。酒類の販売に関しても厳しく、リカーストアーと呼ばれる特定の店以外ではまず購入できません。リカーストアーで購入する際にも、年齢を証明できる身分証明の提示を求められる場合があります。
※BC州では、19歳未満の飲酒は禁止されています。

喫煙に関しても、カナダは嫌煙先進国です。空港や、駅、オフィスなどの公共の場所での喫煙スペースはほとんどありません。レストランやパブなども同じですが、中には一部の座席で喫煙が認められている場合もありますので、よく確認してから喫煙するようにしましょう。違反した場合には、最高2000ドルの罰金が科せられます。

チップの支払いについて

カナダでは、チップを支払う習慣があります。日本ではこの習慣がないため、特に初めの内は戸惑うこともあるかもしれません。下記に主なチップの目安を記しておきますので参考にして下さい。

・ホテルや空港、駅などのポーター
荷物1つ当たり1〜2ドル
・ホテルのルーム係
(ルーム係りへのチップは不要という説もありますが、)長期滞在や何か特別なものを頼んだ時、気分よく滞在できた時などには一人当たり1ドルを、枕元に置いておくのがよいでしょう
・タクシー ドライバー
料金の10〜15%を料金支払い時に
・バスドライバー
宿泊ホテル前で荷物を降ろしてくれたときは、1〜1.5ドル
・レストラン
料金の10〜15%を支払い時に加算して但し、サービス料がすでに勘定書に記入されている場合にはチップを追加する必要はありません
・ファーストフード店
不要*セルフサービスのお店では不要
税金について

カナダの税金は、GST(Goods & Service Tax=連邦消費税)、HST(Harmonized Sales Tax=統合売上税 )、PST(Provincial Sales Tax=州税)の3種類あります。商品、宿泊、食事、サービスの代金に対してGSTまたはHSTが課税されます。そして、州によって税率の異なる州税(PST)も課税されます。

州名GST/HSTPST
ブリティッシュ・コロンビア州 5% GST 7%
アルバータ州 5% GST N/A
オンタリオ州 13% HST N/A
プリンスエドワード島州 14% HST N/A
銀行カードの使い方

TD銀行のATMは24時間利用可能です。利用時間に関わらず口座ごとの一定の利用回数まで手数料が無料ですが、他銀行のATMを利用する際には手数料が発生します。カナダの銀行は1日・1週間の引き出し限度額があるので、限度以上の金額を引き出したい場合には窓口へ行く必要があります。

引き出す時

  1. ATMにカードを入れる。
  2. 暗証番号を入力する。
  3. 取引内容を選択する。(引き出しは、“Cash Withdrawal”)
  4. 引き出したい金額を入力、またはボタンで選択する。
  5. 口座の種類を選ぶ。(通常は、“Chequing ”)
  6. 引き出しの内容を画面で確認する。
  7. 他に取引があるか選択する。
  8. レシートが必要かどうか選択する。

※カードやお金の取り忘れに気を付けてくださいね!


カナダのATM

預け入れする時

  1. ATMにカードを入れる。
  2. 暗証番号を入力する。
  3. 取引内容を選択する。(預け入れは、“Deposit”)
  4. 口座の種類を選ぶ。(通常は、“Chequing ”)
  5. 預け入れたいお金の種類(現金、小切手)を選択する。
  6. 機械にマシーンの図に従って、現金または小切手を直接入れる。
  7. 他に取引があるか選択する。
  8. レシートが必要かどうか選択する。

※ATMで入金後には、すぐにはその預金は引き出せないので注意してください。

買い物の際のデビットカードとしての使い方

  1. キャッシャーにデビットカードを渡すと専用マシーンにカードを入れてくれるので、そこの画面に出てきた支払い金額の確認をし、“OK”を押す。
  2. 暗証番号を入力する。
  3. 口座の種類を選ぶ。(通常は、“Chequing ”)

※デビットカードのマシーンによって順序は異なりますが、内容は上記のとおりです。

時差について

日本との時差の前に、広大な国土を持つカナダには国内にも時差があることを知っておきましょう。カナダ国内は6つのタイムゾーンに分かれています。ビクトリア、バンクーバーのあるパシフィック・タイムゾーン/エドモントン、カルガリー等のマウンテン・タイムゾーン/ウィニペグのあるセントラル・タイムゾーン/トロント、モントリオール等のイースタン・タイムゾーン/ハリファックスのあるアトランティック・タイムゾーン/ニューファンドランドのニューファンドランド・タイムゾーンです。西から東へ向かう場合は1時間ずつ進み、東から西へ進む場合は1時間ずつ戻ります。例えば、ビクトリア(パシフィック・タイムゾーン)が午後1時の時、トロント(イースタン・タイムゾーン)は午後4時ということになります。

日本との時差

ビクトリア、バンクーバー地域の日本との時差は、日本からマイナス17時間です。日本の午前10時を基準にして各地域の時間と時差を比較しておきます。 ※冬季時差(10月最終日曜日〜3月第2日曜日)

日本午前10時
ビクトリア 前日午後5時(-17時間)
カルガリー 前日午後6時(-16時間)
ウィニペグ 前日午後7時(-15時間)
トロント 前日午後8時(-14時間)
ハリファックス 前日午後9時(-13時間)
ニューファンドランド 前日午後9時30分(-12.5時間)

カナダは、冬と夏の日照時間が大幅に異なるため、サマータイム(夏時間)を取り入れています。サマータイムの実施期間は、通常3月の第2日曜日から10月の最終土曜日までです。これにより、夏の日照時間が長くなるので、夜10時頃まで野外でスポーツやアウトドアを楽しむことができます。(サスカッチュワン州のみサマータイムは採用されていません。)サマータイム期間中の日本との時差を比較しておきます。

日本午前10時
ビクトリア 前日午後6時(-16時間)
カルガリー 前日午後7時(-15時間)
ウィニペグ 前日午後8時(-14時間)
トロント 前日午後9時(-13時間)
ハリファックス 前日午後10時(-12時間)
ニューファンドランド 前日午後10時30分(-11.5時間)

*Map is from National Research Council Canada

バスの利用

カナダのバスの利用は、日本のように簡単ではありません。バス停の名前もなければバス停毎のアナウンスもありません。バスに初めて乗るときは、バスを降りる場所を地図でしっかり調べてから利用しましょう。バスには前から乗って、後ろから降ります。降りる際は、ブザーを押すか、紐を引っ張って降りることをドライバーに知らせます。バス運賃は1回ごとにコインを払うこともできますが、その他に10枚チケットがセットになったBus Tickets(回数券)や、1ヶ月間のMonthly Pass(定期券)、1日乗り放題のDay Passもありますので、それぞれの滞在期間などに合わせて選ぶとよいでしょう。バスには両替機がありませんので、コインで乗車する場合にはあらかじめ小銭を用意しておく必要があります。またお釣りももらえませんので、払う金額をちょうど用意しておかなければなりません。

バス料金表
カテゴリー料金
大人(19歳以上) $2.50
シニア(65歳以上) $2.50
青少年(6歳〜18歳) $2.50
子供(5歳以下) 無料
カナダのバス写真
Monthly Pass(1カ月有効)
カテゴリー料金
大人 $85.00
シニア・青少年 $45.00

※この面をドライバーに向けるようにして、運賃箱にスライドさせます。

Monthly Pass
Bus Tickets(10回券)
カテゴリー料金
大人 $22.50
シニア・青少年 $22.50

※10枚綴りになっているので1枚ずつ切り離して使います。

※Monthly Pass, Bus Ticketsはセブンイレブン(コンビニ)や、ショッパーズ(ドラッグストア)などで購入することができます。

Bus Tickets
Day Pass(1日券)
カテゴリー料金
大人 $5.00
シニア・青少年 $5.00

※バスの中でのみもらえます。

乗り換えをしたり、往復でバスを使うなど、1日で2回以上バスを利用する場合、バスドライバーにDay Pass(1日券)をもらいます。Day Passをもらうには、バスに乗る際に$5か2回分のBus Ticketを運賃箱に入れます。Day Passに表示されている日のみ、バスが乗り放題になります。1ヶ月間のバスパスを持っていればこのDay Passは必要ありません。

Day Pass

バスの乗り方

  1. バスは前の扉から乗ります。運転席横にある運賃箱に現金又は回数券(Bus Ticket)を入れます。乗換えが必要な場合は、ドライバーにDay Pass(1日券)をもらいます。1ヶ月パスを使う時は運賃箱に、おもての面をドライバーに向ける方向でスライドします。
  2. バス停を知らせるアナウンスはありません。また、バス停に名前もないため、周囲の景色や建物、ストリート名等で判断する必要があります。ドライバーに行き先を告げ、希望のバス停で降ろしてもらうように伝えるのもいいでしょう。
  3. 下車したいバス停が近づいてきたら、窓に添ってかかっている紐を下に引いて知らせるか、ボタンを押します。
  4. バスを降りる時は、通常後ろの扉から降ります。バスによっては、扉に縦についている手すりを押して、扉を開いて降りる場合もあります。

バスパスのお得な利用法

有効期限が切れた前月分のマンスリーパスでフィットネスセンターやスイミングプール、YMCAなどを無料で1回利用する事ができます。使い方は、受付で使用済の前月分のバスパスを提示するだけ!利用できる施設の詳細は BC Transitのウェブサイトを参考にしてください。

ワーホリの皆さんのための節約情報

節約しながら賢く楽しく生活しましょう!

メンバーズカードを作ろう!

各お店にはメンバーズカードを作ると割引やポイントを貯められてお金やプレゼントと交換してくれるサービスがあります。ほとんどのメンバーズカードは無料で作れますので、是非利用してみて下さい。

店舗名:SAVE-ON-FOODS
ポイントを貯めて、ポイントに相当するプレゼントや商品と交換できる
店舗名:THRIFTY FOODS
ポイントを貯めて、ポイントに相当する金額の買い物ができる
店舗名:SHOPPERS DRUG MART
ポイントを貯めて、ポイントに相当する商品と交換できる

※この他にも、お勧めのメンバーズカードがありましたら是非情報提供して下さい。

日本食料雑貨店

ビクトリアには2件あります。掲示板もあり、中古品、アパートの賃貸情報なども見られます。

店舗名:FUJIYA
住所:3624 Shelbourne Street Victoria, V8P 4H2
TEL:250-598-3711
営業時間:10:00-19:00(日曜日は11:00から18:00まで)
店舗名:SAKURA
住所:1213 Quadra Street Victoria, V8W 2K6
TEL:250-388-3636
営業時間:10:00-19:00(土曜日は18:30まで、日曜定休日)

※その他、日本食はチャイナタウンやFairway Marketでも購入出来ます。

ペットボトル、空き缶、空き瓶などは捨てないで!

皆さん、ご存知でしたか?スーパーでコーラなどの飲み物を買う時、“デポジット”というお金が自動的に発生します。このデポジットとは、ペットボトル、空き缶、空き瓶、そしてジュースの入っている厚紙で出来ている入れ物などの料金です。 『ちりも積もれば山となる』少しのお金ですが、沢山貯めて持っていくとちょっとしたお金になりますよ。お金との引き換えは、お近くのBottle Depot又はスーパーでしてもらえます。

ビクトリアの年間行事とイベント

クリスマス

1月ニューイヤーズデー(元旦)
2月フィルムフェスティバル、バレンタインデー、ダインアラウンド
3月イースターマンデー
4月イースターマンデー
5月ビクトリアデー(ビクトリア女王誕生祭)
6月オークベイティーパーティー、ビクトリアジャズフェスティバル
7月カナダデー(建国記念日)
8月シンフォニースプラッシュ、ドラゴンボートフェスティバル
9月ブルースフェスティバル、ワインフェスティバル
10月サンクスギビングデー(感謝祭)、ハロウィーン、ゾンビウォーク
11月リメンバランスデー(休戦記念日)、サーモンラン(鮭の産卵)
12月クリスマス

カナダ全体

カナダ観光局 カナダを観光するならこのサイトをチェック!
カナダ移民局 ビザ関係の書類はこのサイトから
カナダ郵便局 郵便料金、郵便番号など調べられます
CBCニュース カナダ情報をリアルタイムでゲット!オンラインビデオでニュースも見れるのでリスニング強化にも
TD銀行 気になるレートを現地の銀行サイトでチェック!
WWOOFカナダ ファームステイをしたいならこのサイトをチェック!

ビクトリア

ビクトリア市公式サイト ビクトリア市のホームページ
ツアリズムビクトリア ビクトリア観光局のサイト 現地のイベント情報などが一杯
ビクトリア図書館 本の予約や借りた本の延長手続きもオンラインで出来ます
BCトランジット ビクトリア内のバスのことならこのサイト
パシフィックコーチライン バンクーバー⇔ビクトリア間の移動はもちろん、バスツアーなどのサービスもあり
Craigslist ビクトリアでの住まい探しや仕事探しに地元の人はまずはこのサイトをチェックします。
Kijiji こちらも有名なクラシファイドサイトです。求人情報がより充実しています。
ボランティア・ビクトリア ビクトリアでボランティアを探すならこのサイトをチェック!
ビクトリア見聞録 ビクトリアの地元情報を日本語で掲載 7の付く日に発行

TOP