ワーキングホリデー

Working Holiday

海外に長期で滞在したい! そんなあなたにお勧めなのはワーキングホリデーです。
1年間の就労ビザがもらえて学校には最長6ヶ月通うことができるので、仕事や勉強、旅行やボランティアなど、現地でしか体験出来ないことをじっくり時間を掛けてやれるチャンスです。 ワーキングホリデーで過ごす一年をどう過ごすかによって、あなたのこれからの人生に大きく影響します。何事にもチャレンジして、充実したカナダ生活を送って下さい!

ワーキングホリデービザは、申請時点で18歳以上30歳以下であることが年齢の条件です。ビザの取得方法につきましては毎年募集要項が変更します。こちらのサイトをご確認下さい。

ワーキングホリデー現地強力サポート

Can Go Centreでは、現地でのオリエンテーションや銀行口座開口手続き手伝いなどの留学生対象の現地サポートの他にワーキングホリデーメーカーの方にお勧めの現地サポートを行っております。

SIN番号取得サポート
英文履歴書添削
職場英会話レッスン

※SIN番号は、お仕事をする際に必ず必要なカナダの社会保険番号(Social Insurance Number)です。

ワーキングホリデーのお勧めプラン

1〜3ヶ月目
  • 語学学校で英語習得
  • 友達作り
  • 現地情報収集
ワーキングホリデーでせっかくカナダに来ても、友達がいないとカナダ生活も楽しめません。 まず語学学校へ通うことによって、友達を作ったり、情報を収集し現地に溶け込むことが出来ます。 夏と比べて冬の間は、留学生が少ない為一クラスあたりの生徒数も少なくなっています。また、 割引キャンペーンを行っている学校が多いので、授業料節約も可能です。
4〜10ヶ月目
  • アルバイト
  • ボランティア
  • ファームステイなど、習った英語を実際に使ってみましょう!
ある程度英語が身に付いたら、実際にアルバイトやボランティアを通して英語を使ってみましょう。 お仕事探しはビザが6ヶ月以上残っている時にはじめると比較的探しやすいですが、6ヶ月以下の場合、 雇用期間が短すぎる為、なかなか雇ってもらえない場合があります。

ボランティアは、地元のイベント手伝いの単発のものから老人や子供の世話などの長期のものまで様々です。 時間によっては、アルバイトと両立することも可能です。

ファームステイは野菜や果物の収穫期にもっとも多く募集が出ています。住み込みが多く、 農繁期を逃すと仕事がなく雇ってもらえないことがありますので、予めしっかり計画を立てておきましょう。
11〜12ヶ月目
  • 学校で資格を取る
  • 習い事
  • 旅行
帰国前は、習い事をしたり、学校へ通い日本に帰って就職に使えるような資格を取ることをお勧めします。 一年間カナダに住んだ経験を生かして、帰国後英語を使って仕事をしたり、カナダで取った資格を生かして何かをはじめるのも良いと思います。
ワーキングホリデー体験談

C・Sさん(2015年9月〜2016年8月)
ワーホリ体験でビクトリアを選んだ理由
カナダで現地の人と同じような生活をしてみたいと思い、カナダの中で一番温暖な気候のビクトリアを選びました。
ワーキングホリデーでの過ごし方
  • 2015年9月〜2015年11月 語学学校(InlinguaでESLクラスを受講)
  • 2015年12月〜2016年7月 お仕事(レストランでキッチンスタッフとウェイトレス)
  • 2016年8月 旅行(アメリカ)
ワーホリ体験での一番の思い出は?
オーロラを見たことと、職場の同僚に恵まれたことです。
ワーホリ体験で満足していない点は?
十分満足ですが、強いて言えば、他の地域(リゾート地)で働いてみるのも良かったかもしれないです。
ファームステイ体験談

K・Mさん(2016年6月〜2016年8月)
場所
ソルトスプリングアイランドのオーガニックファーム
ファームステイ先について
ファームにいる人たちは優しい人たちで、丁寧に仕事を教えてくれました。ですが、基本的にみんな忙しいです。イギリス人と一緒に働いていたのですが、彼もとても良い人で、人間関係で悩むことはありませんでした。
1日の流れについて
  • 7:30 起床
  • 8:30 始業(主な仕事は、収穫・草むしり・種まき)
  • 12:30 昼食(オーガニックファームで収穫した野菜を使った料理)
  • 13:30〜17:00 自由時間(昼寝、勉強など)
  • 17:30 夕食(自分で用意)
  • 18:30〜22:30 自由時間(映画・ドラマ鑑賞など)
  • 23:00 就寝
良かった点・残念だった点
ファームにある食べ物は基本的に畑から収穫したものなので、フレッシュでかつオーガニックなので体にとても良かったです。ですが、ソルトスプリングアイランドは移動手段(車など)がないと、色々な所に行けず不便でした。

TOP